So-net無料ブログ作成

自民幹事長代理に河野氏 執行部刷新は否定 「中途半端」の批判も(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は5日、河野太郎衆院議員の幹事長代理起用や若手を積極登用する「政権力委員会(ネクスト・ジャパン)」の新設を決め、中堅・若手の間に強い執行部批判をかわそうとした。しかし、批判の的となっていた大島理森幹事長や川崎二郎国会対策委員長らの交代を改めて否定したことで、党内からは早くも「中途半端」(山本一太参院議員)との批判が出ている。与謝野馨元財務相らに続く離党者を食い止め、夏の参院選に向けて党内の一致結束を図れるかは依然不透明だ。

 「近々選対本部を作る。その中で、次の世代が育っていると十分表したい。必要があれば執行部も強化する。きゅっと求心力が出る形に必ずしていきたい」

 5日の臨時役員会に先立ち開催された前議員や参院選候補者らとの懇談会で、谷垣氏はこう力説した。怒号が飛び交っていた会場はようやく静まり、拍手に包まれた。

 選対本部の拡充は、谷垣氏が党内の不満を沈静化させる「切り札」として、約1カ月前から構想を練ってきた。「政権力委員会」のトップには、政策に精通する若手を起用し、選挙戦を通じて、積極的に討論会などに出席することで、政権公約(マニフェスト)をアピールする「スポークスマン」となる。

 その象徴が47歳の河野氏の抜擢(ばってき)だった。谷垣氏は5日夜のNHK番組で「河野氏は若手の感覚を代表しているところがある。そういう声を自民党執行部に取り入れなければならないと考えている」と説明した。河野氏は昨年の総裁選に出馬し、一定の支持を集めた。河野氏の執行部取り込みで、党内の批判を和らげたいとの意図が見えてくる。

 ただ、この日の懇談会で前議員らが訴えたのは、あくまで執行部を大胆に若返らせることで、党のイメージアップを図ることだった。

 坂井学前衆院議員は「地元では、現執行部は駄目だという声ばかりだ。もっと若手に出番を与えるべきだ」と指摘。今津寛前衆院議員も「人事で工夫が必要だ」と注文をつけた。「新人にとって大変な荒波だ。挙党一致で頑張ってほしい」(山梨選挙区候補の宮川典子氏)との声も出た。

 谷垣氏は記者会見で参院選について「国家の危機を乗り越えるため、自民党を再生する真剣勝負だ」と意気込んだが、党の混乱が収まるにはなお時間を要しそうだ。

【関連記事】
自民がネクスト・ジャパン新設 中堅・若手を起用
自民選対本部に若手登用を表明 谷垣氏「ねじれ起こす」 執行部刷新の声も根強く
「谷垣降ろし」加速も 反対勢力の一本化は不透明
「連休前に総裁は決断を」 自民・河野氏が執行部一新を要求
「審議拒否の責任取ってほしい」 自民執行部に河野太郎氏
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<前原国交相>成田に全身スキャナー 7月めどに実験開始へ(毎日新聞)
与謝野氏ら、新党結成を検討=月内めど、平沼氏との連携も(時事通信)
開業まで2年、早くも観光名所…スカイツリー(読売新聞)
<死体遺棄容疑>自宅プランターに乳児遺体 母親「埋めた」(毎日新聞)
カラスが電柱で巣作り、そして停電が起きた(読売新聞)

<東京電力>福島原発の稼働延長など申請 運転40年迎え(毎日新聞)

 東京電力は25日、来年3月で運転開始から40年を迎える福島第1原発1号機(福島県大熊町、沸騰水型、46万キロワット)について、さらに20年間の運転が可能とする技術評価書と、今後10年間の保守管理方針を原子力安全・保安院に提出した。40年超の運転が認められれば、既に廃炉を表明している日本原子力発電・敦賀原発1号機(福井県敦賀市)、関西電力・美浜1号機(同県美浜町)に次ぎ国内3例目となる。

 福島第1原発1号機は高経年化に合わせて配管などの交換作業を進めてきており、東電は「大部分の機器・構造物は、現在の保全活動を継続することで40年目以降も健全に維持できる」としている。

【関連ニュース】
4企業連合:インドの環境都市開発に着手へ
春闘:電力8社で一時金満額割れ
電気自動車:充電器の国内規格統一へ 協議会にトヨタ参加
日銀:審議委員に森本宜久氏を提示 政府・人事案
エコで勝負:東京電力 賢い電子式メーター

<東京・丸ノ内線>35分ストップ、朝の足4万人に影響(毎日新聞)
<岐阜県多治見市>市内の全公共施設 10月から全面禁煙に(毎日新聞)
佐用豪雨、小学校で修了式 唯人君追悼、不明の文太君の発見願う (産経新聞)
郵政で閣内不一致、「女性スキャンダル」 鳩山内閣「火だるま状態」(J-CASTニュース)
対北制裁、4月以降も継続=官房長官(時事通信)

長崎の小型機墜落、原因はパイプの整備ミス(読売新聞)

 長崎空港で2008年7月、離陸直後の小型機が同空港近くの大村湾に墜落し、1人が死亡、2人が重軽傷を負った事故について、運輸安全委員会は26日、エンジン内のパイプの整備ミスによる火災が原因とする報告書を発表した。

 報告書によると、エンジン内のパイプを「クランプ」と呼ばれる装置で締め付けすぎて亀裂が入り、高温の排ガスが噴出して、エンジンに引火した。

 整備マニュアルには、パイプを締め付けすぎると変形するという注意書きがあったが、守られていなかった。

 締め付け装置は2004年に交換され、その後、年2回ずつ点検が行われていた。

水俣病 和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
阪大准教授に停職6カ月処分 深夜の研究室で女子院生と2人きり (産経新聞)
<国立大>法人化後医系・文系で研究の質低下 学部長調査(毎日新聞)
水俣病救済案、被害者団体が初の受け入れ決定(読売新聞)
元臨時工拘束も中国各紙口ふさぐ「毒ギョーザ事件」報道規制(スポーツ報知)

訃報 金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)

 【ソウル大澤文護】静岡県内で1968年に借金のトラブルから暴力団関係者2人を射殺し、同県寸又峡の温泉旅館に人質をとって立てこもった「金嬉老事件」で無期懲役が確定し、仮釈放後に韓国に永住帰国していた金嬉老(キム・ヒロ、本名・権禧老=クォン・ヒロ)元受刑者が26日午前6時50分、前立腺がんのため、韓国・釜山市の病院で死去した。81歳だった。金元受刑者は25日午後、病状悪化のために緊急入院していた。

【関連記事】金嬉老事件:現場の旅館に資料館…戦後史に残る劇場型犯罪

【関連ニュース】
【関連記事】ニュースボックス:1968(昭和43)年2月24日 「金嬉老事件」立てこもり男を逮捕

酒飲みタクシーに追突、米兵逮捕…沖縄(読売新聞)
B型肝炎訴訟、7地裁に追加提訴―原告患者409人に(医療介護CBニュース)
郵政改革「最終案」、首相が閣僚懇で調整指示(読売新聞)
内部文書記録のUSB、空自小松基地で紛失(読売新聞)
岡田外相がハイチ訪問=大統領に積極支援伝える(時事通信)

盗撮カメラをトイレに仕掛けた犯人 自分の顔まで「盗撮」してしまい逮捕(J-CASTニュース)

 飲食店のトイレに盗撮用の小型ビデオカメラが仕掛けられ、従業員はそれを発見し警察に通報した。ところがなんと、犯人が逮捕される決め手になったのは、盗撮カメラを仕掛ける容疑者の顔が、そのままカメラに残っていたことだった。

 事件が起こったのは2010年3月12日未明。熊本県人吉市内のスナックのトイレに小型のビデオカメラが仕掛けられ、20代の女性従業員3人が盗撮された。逮捕されたのは県の球磨地域振興局土木部技師 (28)。スナックの従業員がカメラを発見し、13日 未明に熊本県警人吉署に相談した。

■「なぜ自分の顔を撮影したのかは捜査中」と警察

 容疑者は盗撮した容疑をみとめているが、盗撮カメラを仕掛ける容疑者の顔がカメラに映っていたのが「動かぬ証拠」となった。容疑者はカメラを仕掛ける前日11日夜からこのスナックに来ていて、トイレに入り、録画スイッチを押した。その際、自分の顔も映してしまったと考えられる。人吉警察署に聞いてみたところ、

  「なぜ、容疑者が自分の顔を映してしまったのかは捜査中」

と話している。

 ネットの掲示板やブログには今回に事件について、

  「興奮しすぎたんだな」

  「あまりにも間抜けで、不謹慎にも笑っちゃいました」

  「以前にもペン型カメラを女子更衣室仕掛けた男が、やはり自分が映って居て捕まった。過ちは繰り返される」

といったカキコミが出ている。


■関連記事
「iPod」のビデオカメラ ミニスカート盗撮に使われた理由 : 2009/09/25
浅田真央「盗撮」騒ぎ 韓国ホテル従業員が無断撮影 : 2010/01/29
東大男子「性体験無し45%」 この数字「思った通り」なのか : 2010/03/18
愛子さまクラス替え特別配慮 問題児童と同じにしない方向に : 2010/03/17
沢尻エリカへ夫が助言 1187字の愛と感涙 : 2010/03/17

片山右京さんが仕事を再開 遭難の「ご遺族からも理解をいただいた」(産経新聞)
<同意人事>原子力安全委員は原案通り決定へ(毎日新聞)
<政府・民主党>参院選「マニフェスト」で検討会議開催へ(毎日新聞)
<民主党>マニフェスト企画委が初会合(毎日新聞)
「円天」詐欺事件 元会長に懲役18年判決…東京地裁(毎日新聞)

海水浴場を原則禁煙に=都道府県初の条例成立へ−神奈川県(時事通信)

 神奈川県議会厚生常任委員会は17日、県内の海水浴場を原則禁煙とする県水浴場条例改正案を全会一致で可決した。県によると、条例により海水浴場での喫煙を禁止するのは都道府県では初めてで19日の本会議で可決、成立する見通し。
 改正案では、プールなどに加え海水浴場でも専用区域を除き喫煙してはならないという規定を盛り込んだ。違反者に対する罰則は定めないが、3年ごとに実施状況にあわせて条例を見直すことを明記した。
 県内には約30カ所の海水浴場があり、改正案が成立すれば今夏からすべての海水浴場が原則禁煙となる。 

【関連ニュース】
当世「新成人」諸事情
火も煙もゼロのたばこ発売へ=JT
たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収
22日は「吸わん吸わん」=白鳥をロゴに、毎月禁煙デー
全面禁煙は「今月通知」=閣議後会見で長妻厚労相

<日弁連>新事務総長に海渡氏 福島消費者相の夫(毎日新聞)
<東レ科学技術賞>新庄輝也、岡田典弘の両氏を選出(毎日新聞)
<四ツ池遺跡調査会>委託費800万、25年放置 遺跡報告書作らず−−堺の団体(毎日新聞)
<愛子さま>ホームルームに出席 学習院初等科で終業式(毎日新聞)
空港事業認定は適法=「公益上の必要あった」−静岡地裁(時事通信)

平沼氏との連携にも意欲=鳩山邦氏(時事通信)

 自民党に離党届を提出した鳩山邦夫元総務相は16日午前、大型連休前の結成を目指す新党に関し、都内の自宅前で記者団に「平沼(赳夫元経済産業相)先生とは7割、8割以上は大体向かっている方向が一緒だ。大いに話し合っていきたい」と述べ、与謝野馨元財務相や舛添要一前厚生労働相に加え、無所属の平沼氏との連携にも意欲を示した。
 鳩山氏は、15日夜に舛添氏と電話で話をし、2010年度予算案の成立後に改めて意見交換することで一致したと明らかにした。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

【ぐるり地球紀行】今回は「タイ・イサーン」をぐるり(産経新聞)
自殺報道の照会、原口総務相「事実関係調べる」(読売新聞)
<EXPO’70パビリオン>開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)
<道アイヌ協会>不適切会計処理 虚偽出張旅費支出か /北海道(毎日新聞)
暴追運動住民宅に銃弾=玄関などに6発−北九州(時事通信)

石川県知事に谷本氏5選=茨城の橋本氏と並び現職最多(時事通信)

 任期満了に伴う石川県知事選は14日投開票され、無所属で現職の谷本正憲氏(64)=自民、公明、社民推薦、民主支持=が、元民主党衆院議員の桑原豊氏(64)ら無所属3新人を破り、5選を確実にした。橋本昌茨城県知事と並び現職最多選となる。
 多選問題が主な争点となったが、谷本氏は4期16年の実績を強調。北陸新幹線開業に向けた基盤整備促進などを掲げ、組織票をまとめて他の候補を抑えた。 

【関連ニュース】
鳩山政権半年の主な動き
鳩山首相語録=政権半年
副大臣が4回長崎出張=知事選前、農水相も1回
仁坂氏が再選出馬表明=和歌山知事選
協議機関で「疑惑隠し」?=企業献金禁止、与党にも異論

<訃報>平尾勝さん89歳=元ダイダン副社長(毎日新聞)
離党の鳩山邦夫氏「自分が政界再編の接着剤に」(読売新聞)
<岡田外相>資産を訂正(毎日新聞)
<裁判員裁判>父殺害の男に懲役11年 東京地裁判決(毎日新聞)
トキのケージ、最初からテン侵入防げぬ設計施工(読売新聞)

子ども手当法案修正「検討中」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は10日午前、公明党が子ども手当支給法案の修正を求めていることについて「(同法案を審議している衆院厚生労働委員会の)現場でしっかり(協議を)やっているだろう。厚労省の政務三役とよく相談して、本当に必要なものかどうかということも併せて、検討している最中だと聞いている」と語った。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
首相・外相の発言要旨=「密約」報告書
鳩山首相に現状報告=日航会長
普天間で頭がいっぱい?=鳩山首相、議場で勉強

再開へ、準備進む「もんじゅ」=原子力機構が内部を公開−福井(時事通信)
桑名市課長を逮捕=4000万円詐取容疑−愛知県警(時事通信)
反対PT、招致応じず 自民都議「都合つくまで調整」(産経新聞)
甲南大の「DNAモデル」、ギネスで世界最大に認定(産経新聞)
あのカーネル人形、甲子園近くのケンタで展示へ(読売新聞)

女子高生が行方不明=事件の可能性も−長崎(時事通信)

 長崎県警は5日、県立希望が丘高等養護学校3年、種村侑里さん(18)=同県雲仙市小浜町南本町=が先月28日から行方不明になっていると発表した。雲仙署などは事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、約40人態勢で捜索しており、情報提供を呼び掛けている。
 同署などによると、種村さんは卒業式を前日に控えた28日午後7時25分ごろ、学校から帰宅途中に雲仙市小浜町のバスターミナルで、バスから降りたところを運転手に目撃されたのを最後に、行方不明になっているという。28日夜に家族が捜索願を出していた。
 3月1日に小浜港の岸壁で学用品や財布が入った種村さんのバッグが二つ見つかったほかは、手掛かりはなく、携帯電話は所持していなかった。 

<年金制度改革>5月に基本原則 閣僚検討会(毎日新聞)
社民「国外」国民新「シュワブ陸上」移設案提示(読売新聞)
<枝野担当相>各省へのヒアリング開始へ 仕分け対象選定で(毎日新聞)
精神障害者への交通費優遇の充実を働き掛け−日精協(医療介護CBニュース)
藤川市議も津波で“被害” 八戸市のイベント中止に(スポーツ報知)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。